妊娠線ができないための予防ケア

妊娠線ができないための予防ケア

主婦仲間と温泉スパに行った時に、おなか辺りの肌で、メラメラとヒビが入ったような型がある線がいくつも出来ているので、何かの病気かと思いました。

聞いてみると、妊娠線の後だと言うのです。

妊娠線が出来たなら、初めは色も着いているけど、しばらくしたら白くなるから良いけど、このメラメラとした線はうっすら白く残るよっと聞いて、ぱっと見た目でも解りやすい妊娠線を間近で見てびっくりしました。

妊娠線が出来たなら、美容外科などでもレーザーで光を当てる治療で薄くなって行くとは言いますが、やはり目立たなくなるだけで、かすかに残り完全には消えにくいといいます。

だから皮膚に残ってしまうそんな妊娠線を出来るだけ出来ないように、妊娠中に予防をする事が必要だと言えるでしょう。

そして、あまり太り過ぎないようにしたり、おなかが規定どおりで、必要以上に大きく膨れ上がらないように体型、体重を気にする事も必要です。

妊娠線は、余分な皮膚が伸び上がって裂けたものであるので、伸びきらないようにしないといけないのです。

そして、妊娠線が出来ないための予防ケアとして、妊娠線が出来やすい箇所に、潤いある保湿効果の妊娠線予防オイルやクリームを塗る事が皮膚を守り妊娠線を出来にくくさせる事が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。