妊娠線がでない様にケアする事

妊娠線がでない様にケアする事

もし妊娠したら、おなかの中に子供が入る訳ですから、おなかがすごく大きくなります。

それで、おなか周りの皮膚も伸びて行きます。

その時に裂けてしまう皮膚で、ひび割れが出来たものが妊娠線となります。

もしも妊娠線が出来てしまったら、表面上が赤茶色く残り、見た感じがとても汚くなります。

それで、妊娠線が出来ないように、集中ケアしたりすると良いと言いますが、人に寄って個人差があって、どうしても妊娠線が出来てしまう場合もあります。

その為には妊娠線が出ないようにケアする事が大切です。

まず、保湿のクリームやオイルを使って直接、妊娠線が出来やすい部分に塗り込み保湿ケアをする事が大切です。

そして血行促進させるために運動したり、マッサージしたりして、新陳代謝を良くさせます。

これは、肌の皮膚のターンオーバーを促すために行うのです。

さらに、妊娠線部分が出来やすい部分を、いつも冷やさないように、温かく保護する必要もあります。

シャワーだけの入浴ではなくて、ちゃんと湯船に使って、妊娠線あたりを温める方法も効果的です。

そして、食事も温かい料理を食べて体内から血行促進効果を与えます。

このように妊娠線が出来ないように、ケアを始めて体内からも体外からも、お手入れする事で、妊娠線が出ないように効果がある事でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。