妊娠線を予防するためのオススメ情報

妊娠線を予防するためのオススメ情報

妊娠したらおなかの辺りの皮膚が伸びて出来る妊娠線は、全員が出来る訳では無いそうですが、出来やすい人は、体重が10キロ以上アップした人や、アトピーの人や、高齢出産や、痩せて小柄な人などが多いそうです。

しかしこれ以外には、もともと乾燥肌の人もなりやすいそうなので、注意が必要です。

妊娠線が出来ないように、常にケアする事で予防をする事が出来ます。

それは妊娠線予防クリームや、妊娠線予防オイルや、妊娠線予防ローションなどを使って保湿を与えるように、日々お手入れする事も出来るでしょう。

そして、妊娠中に出来るだけ10キロ以上体重が増えないように、7~8キロアップまでに留めるように体重管理をすると良いでしょう。

そしておなか辺りに、余分な脂肪がつかないように、ストレッチや軽い運動を行う事が必要でしょう。

そしておなかを冷やさないように、入浴で温めて、腹巻などで保温をする事が良いようです。

妊娠線は出来てしまったら、妊娠線を消すクリームなどもあるようなのですが、妊娠線が出来たら見た目も、悪くて、出来てしまった後からは、なかなか消えにくいと言われますから、あらかじめ妊娠線を予防する方が得策です。

妊娠中は、いつも保湿を忘れず、ケアして妊娠線を予防する事がお薦めでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。