私が妊娠線を予防するために行ったこと

私が妊娠線を予防するために行ったこと

私の母は妊娠線がひどくて、
今でも跡がしっかりと残っています。

私が妊娠したときも、
母からしっかりと妊娠線のケアはした方が良いと、何度も念をおされていたので、

お腹が少しでてきた妊娠5ヶ月くらいからは、
妊娠線予防のクリームをたっぷりと
塗っていました。

妊娠線ができる一番の原因は、
急激な体重増加で皮膚が一気に伸びてしまうことが原因だそうで、
体重の管理にも気をつけました。

元々甘い食べ物が大好きで、チョコレートなどよく食べていたのですが、
妊娠中はなるべく控えるようにして、

野菜や魚中心の栄養バランスの整った生活になるよう、気をつけました。

そのおかげか臨月に入って産む直前まで、
体重は+7キロで抑えることができました。
(私の母は妊娠中に+25キロも太ってしまったそうです。)

保湿クリームは保湿性の高い、
しっとりしたタイプを選び、お風呂上がりに2度塗りを毎日しました。

そのおかげか臨月にはいっても、妊娠線が全くできることなく出産をむかえることができました。

妊娠線は出産一週間前が一番出来やすいそうなので、
最後まで気を抜かないことが大切だとおもいます。

現在二人目を妊娠中ですが、
一人目と同様にしっかりとケアをして妊娠線予防に努めたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。