妊娠線予防にきくのは?

妊娠線予防にきくのは?

はじめての妊娠をしたとき、何もかもがはじめての体験であたふたしていたり、急な体調の変化に何も出来なくてしんどい思いをしたものです。
お腹が大きくなり出すと、周りからの声も優しくなってきたり、自分でも不思議な気分になりました。

その時に、径産婦の方たちから言われたんです。
一気にお腹が大きくなるから妊娠線に気を付けなさいよ、と。
妊娠線ってなんだ?
な自分だったのですが、滅茶苦茶大雑把に言えば、おへその辺りから股間にかけてできる大きな肉割れの事です。
気にしない方は全然気にしないそうですが、やっぱり予防できるなら予防したいですよね。
ちなみに、妊娠中はお肉がつきやすくなるのでお腹だけでなく、気づきにくい太ももやお尻にも出来ていることがおおいようです。
これから母親になるのだから、と言ってもやはりなるべくキレイでいたい!と思ったので色々調べてみました。

妊娠線も肉割れも出来てしまう理由は同じで、急激に脂肪が増えたり、体積がおおきくなることにより、皮膚の部分だけ取り残されて細胞が裂けてしまうことによって出来ます。
なので、皮膚が裂けないようしっかりと保湿をしてあげることが第一になります。
固い紙と柔らかい紙とでは破れにくさが違うのと同じです。
おすすめなのはお風呂上がりに優しく保湿クリームなどを塗っておくことです。
今は妊娠線予防のためのクリームなどが、多く販売されていたりするので、自分好みのクリームなどでストレスなくケアしてはいかがでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。