赤ちゃんが大きいと妊娠線ができやすい!?

赤ちゃんが大きいと妊娠線ができやすい!?

私が娘を出産したのは、2014年の6月です。妊娠が分かったのは前の年の10月。早速、出産準備のために育児雑誌を購入すると、妊娠線予防にはこまめにクリームをお腹や太もも、二の腕などに塗るのがいいと書いてあったので、毎晩お風呂あがりにドラッグストアで売っているボディークリームを塗りました。妊娠5ヶ月を過ぎたあたりから、少しずつお腹が膨らみ、そのうちお腹の皮が伸びてきたからか、クリームを塗っていても、かゆくてたまりませんでした。かいちゃいけないと思いつつも我慢できなくてかいてしまい、皮膚が赤くなってしまうこともありました。その頃、お腹の赤ちゃんは順調に成長していき、検診でエコーを見てもらう度に先生から「赤ちゃん、大きめだね。」と言われてました。お腹がだんだん前に出てきて丸みを帯びてきて、クリームも欠かさず塗ってましたが、妊娠8ヶ月あたりで、ふと自分のお腹を見ると脇腹あたりに線ができてました。お腹がどんどん大きくなって皮が薄く伸びて、もう限界だったんでしょうか。妊娠線ができてしまった時は少しショックでしたが、これも赤ちゃんを頑張ってお腹の中で育てた証拠だと前向きに捉えるようにしました。やはり、妊娠線ができた所はかゆかったです。娘は3600グラムで生まれて、予想通り大きかったです。赤ちゃんが大きいと妊娠線できやすいんですかね。
出産して1年以上経った今では妊娠線は薄くなりましたが、まだ残ってます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。