妊娠線予防でやっていたこと

妊娠線予防でやっていたこと

妊娠線は、お腹が大きくなると出来やすい。つまり、体重が増えすぎてお腹が大きくなるとより出来やすいと思ったので、私がやったことはまず体重管理でした。そのおかげか、体重は基準内でおさめました。
ただ、私は背も高いせいか骨盤も広いせいか、お腹が目立つまでに時間がかかり、妊娠7ヶ月過ぎまでは周りから妊娠していることに気づかれませんでした。
それでも、妊娠線ついたらなかなか消えないと聞いていたので、他に予防としてネットで販売されている妊娠線予防クリーム。これを風呂上がりに毎日つけていました。
しかし、忘れっぽい性格の持ち主なのでつけ忘れも起きると思ったので、クリームは風呂場の近くにいつも置いていました。
実家に泊まるときは、妊娠線予防のクリームを忘れてしまい、その時は乳液をたっぷりお腹につけていました。そのおかげか、出産後も妊娠線が付きませんでした。
しかし、お腹には出来なかったのですが、胸には妊娠線が出来てしまいました。お腹にはマメにクリームとかつけていたのですが胸には忘れることもあり、しかも産後にどんどん大きくなる胸。お腹と違い母乳をあげるため小さくならず、胸もちゃんとクリームなどケアしとけばよかったと思いました。次子供ができたときは胸もケアを忘れないでおこうと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。