お腹の赤ちゃんとの触れ合い

お腹の赤ちゃんとの触れ合い

今年初めての出産をしました。
妊娠当時びっくりするぐらいお腹は出ていましたし、臨月の頃はお腹の皮膚が突っ張ってとても苦しかったので、妊娠線の覚悟はしていました。お腹の子が生まれてから怒涛の毎日で妊娠線を気にする暇は無かったのですが、育児に余裕が出てきた頃ふとお腹を見てみると…妊娠線らしきものは見当たらず。自分の母親のお腹に妊娠線が痛々しく残っているのを見てきたので、その時はとても嬉しかったです。今でもくっきりと妊娠線が残っている母と出来なかった私の違いは、やはり毎日のケアだと思います。
妊娠当時私はネットや雑誌で「妊娠、出産、育児」について沢山学んでいました。初めての事だらけで不安だったし、何をすれば良いのかも分かりませんでした。そして色々情報を集めている内に目に付いたのが「妊娠線予防」です。どの雑誌などにも必ずと言って良いほど取り上げられていました。
早い人は5か月頃から始めるみたいですが、私はお腹が目立ってきた7か月頃から使い始めました。妊娠線予防のクリームやオイルは種類が豊富にあり値段も様々です。肌につける物なので少々値段が高くても質の良い物をと思い、オーガニックのオイルを毎日お風呂上がりにつけていました。これを出産の日まで毎日欠かさずしていたおかげで、今悩まずに済んでいます。毎日の事で少し億劫かもしれませんが、お腹の赤ちゃんと触れ合う良い機会になると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。